脱毛をして無駄毛のお手入れから解放されたいと願う人は多いものの、無料のカウンセリングを受けて施術の説明を受けていると、乾燥についても説明をしてくれることがあります。がさがさしている肌だと、実はエステサロンやクリニック側のほうで施術を断られる可能性があるのです。

肌が乾燥して荒れている状態というのは、バリア機能が低下している良くない状態です。ただ肌触りが良くないというだけではなくて、レーザーや光を照射すると、普通肌の状態の時より痛みを強く感じてしまいやすいのです。炎症も起こしやすくなり、照射後の肌トラブルが起きやすい肌状態なので、施術をしてもらいにくいのです。

脱毛をしてほしいと思うのであれば、きちんと肌のお手入れそのものも頑張って潤いのある状態にしておくことが大切です。エステサロンの場合はお断りになるような肌状態でも、クリニックであれば状態を確認して施術してくれることもあるのですが、やはり照射レベルを落として様子を見ながらの施術になるので、脱毛効果が思ったように得られないという時もあるのです。

よく当日には保湿剤や制汗剤などは使わないようにというお店が多いのですが、施術までに時期があることも多いので、それまでにしっかりと普段のお手入れを頑張って潤いを出せるようにしておきましょう。粉が吹いたりひび割れるような状態まで乾燥していると施術が遠のいてしまいます。しっかりと普段から保湿もして、施術に備えておきましょう。