脱毛を行うには高額の費用が発生するため、エステで勧誘を受けて契約してしまったものの、後になってやめておけば良かったと思うこともあります。このようなときに諦めて費用を払わなければならないということはなく、クーリングオフすれば問題なく解約できます。

クーリングオフを適用する条件として、契約してから8日以内(その日の消印が有効)、1か月以上の契約であり、金額が総額で5万円以上の場合になります。ただし、この条件は特定商取引法で定められている、守らなければ違法となる条件であり、実際には各エステでこれを満たしていないときでも中途解約・返金に応じてくれることがあるので、契約の際に確認しておくと良いです。法律で決められているので、解約の意思を書面で示すだけで済み、電話で相談したり店舗に出向く必要はありません。

ただし、普通郵便では届いていないなどのトラブルになる可能性もあるため、内容証明郵便や簡易書留を使って通知を出したことを証明できるようにした方が良いです。なお、消印が有効になるため、速達を利用する必要がありません。

注意しなければならないのが、これが適用できるのはエステでの脱毛契約に限られています。クリニックの脱毛契約は医療契約になるため特定商取引法が適用されず、クーリングオフできません。クリニックの中には中途解約制度がなく、一度契約してしまうと全額支払わなければならなくなってしまうこともあります。

そのため、中途解約制度があるか確認してから契約しなければなりません。